終わりにしましょう!転職の悩みを

FrontPage

言い渡されました。何度も。不採用を

『鳴らない電話』

夕方の薄暗い部屋の中で鳴らない電話を待っていました・・。

面接も、まぁまぁの手応えで終了し、あとは『採用』の電話
を待つのみ。

悶々とした何日が過ぎいよいよ採用通知の日。

待っていたこの何日かの事や、筆記試験、面接試験の事が
アタマの中で思い出されます。

 「今度は大丈夫だろう。面接の時の受け答えも
  スムーズに出来たし筆記試験も、手応えがあった!
  何より、面接担当の人もずいぶん私のことを
  気に入ってくれてたぞ。
  
 
  学歴もまぁまぁだし、職歴にも問題ない。
  なんせ私は陽気な性格なんで、
  まさしく企業が求めている人材なんだろうからな!」
 
そして合否通知の日がやってきます。
自信もあるので、リラックス半分、緊張半分のキモチで朝から、
電話を待ちます。

 
けれどもお昼になっても一向に電話は鳴りません。

 『そういえば一緒に最終面接受けた人、結構大勢いたな・・・。
  だから選考に時間がかかってるのかな・・・。』

そんな事を考えているうちにあっという間に3時です。

  『何だか遅いな・・・・・。もしかしてダメ(不採用)なのか・・・』

だんだん弱気になっていきます。

そんな不安を振り払う様に、一生懸命に良い感じで出来た面接の事を
思い出してみます。

  『絶対に大丈夫だ!ダメ(不採用)な理由がない!』
 

しかし刻々と無情にも時間は過ぎていきます。
とうとう夕方5時を過ぎました。

外は薄暗くなってきています。

まだ電話は鳴りません。

  『何かの間違いだよ。電話壊れてないか?絶対間違いだよ・・・』

部屋の灯りをつける事も忘れ、ただただ呆然と“鳴らない電話”の前で

いつまでも座り込んでいました・・・。

いったいどうすればよいのか・・

これは実際わたしが何度も体験したことです。
何度も何度もです・・・

でもわたしはそこから這い上がり、上場企業を含む合格
と、天職を獲得できるようになりました。

なぜだと思います?

それは今までのやり方ではあなたが受けていた転職先
は真の転職先ではなかったからなんです。

もっと簡単にいうと・・

『あなたは真には望んでいないところへ転職しようとしていた』

ということです。

「自分自身で決めて活動していたはずなのにそれが
真には望んでいないところ・・?」

あなたの疑問は良くわかります。なんせわたしも
あなたと同じだったんですから。

そろそろ、種明かしをしましょう。

自分らしさへ

あなたは、まず転職を考え、活動をはじめるにあたって
「今度こそは自分に合った自分らしい仕事をしよう」

と考えると思います。そして転職先を探し始めるはずです。

ハローワークでしょうか?求人誌でしょうか?
インターネットから?エージェント?

あなたは、転職先を探すその過程で色々な
条件をつけていくでしょう。

年収はいくら、休日は年間何日、就労時間・・・・

そりゃ、そうです。マイホームを買うようなもんです。
一生に一回きりの大きな転職のはずですから。
様々な条件をつけたくなるもんです。
気持ちは良くわかります。

でも、そこで、どんどんあなたの転職のコアだった
『自分に合った自分らしい仕事』

という条件が弱く薄くなってきていませんか?

このコアな部分さえ見失わなければ天職は近づきます!

全力転職メソッド

これを簡単に可能にしたものが

   『全力転職メソッド』です。

私自身の長年の実体験、多くの体験者からのフィードバックにより
完成させました。

ですから、公的機関のあたまでっかちな職業斡旋
や広告業のような求人誌などとは違います。

《あなたが、あなた自身で考え、あなたが決める》

それが可能になるプログラムです。

ただし、職業斡旋は一切行っていません。
あなたが、何度でも

《あなたが、あなた自身で考え、あなたが決める》

事が可能になるゆるぎない武器を得る事が出来ます。
それは、あなたの自信となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional